読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河合つくし通信

取りまとめのないブログです…。一応細く長く続けていく予定。

「こんなすばらしい尼崎に日の丸は絶対似合わない。」と書いたサヨクの人民新聞に抗議。

 

◆私の住む兵庫県尼崎市議会に2月、「日の丸条例」が提案された。学校を含む全ての市の施設に日の丸を揚げることを義務づける内容だ。たまったもんじゃない! うんざりだ。と、思っていたら、すぐに反対運動が立ち上がり、緊急のビラ撒き、市議会会派議員への申し入れ、テントを張っての座り込み…と、矢継ぎ早の行動で継続審議に持ち込んだ。今、6月議会が始まり決戦を迎えている。昨夕は、再びテントを張って、座り込みの開始。団結BBQで大いに盛り上がった。こんなマイナーなテーマでしっかり反対運動が取り組まれ、お祭り騒ぎで決戦に望む。心から郷土愛を感じる。こんなすばらしい尼崎日の丸は絶対似合わない。(山田) 

「編集一言 1450号」
人民新聞
http://www.jimmin.com/editor.html#1450

人民新聞ってのは中国人民日報とは関係ないですよ。新左翼系の大阪の新聞です。内容は結構濃くて朝日新聞すらかすむ内容がびーしり載ってます。


別にこの新聞全てを否定しているわけではない。例えばこの記事なんて素敵だと思いますよ。

脱「引きこもり」に立ちはだかる壁 2011/12/23(金)更新
人民新聞 
http://www.jimmin.com/htmldoc/143306.htm

 

この新聞は最近ニートとか、引きこもり問題に力を入れているようで、実際に上記のように丁寧な取材活動もしている。そういう話は有名らしくて、知り合いのその道の方も少しおっしゃってたような。

 

他に、この新聞が左翼系団体の動向を書いているのも参考になります。

しかし許せない。上記の記事は。

私は「日本人なら、皆日の丸を掲げろ!日の丸を掲げないやつは屑だ!」とかいう主張は嫌いだし、支持しません。だって窮屈。「強制」されるのは。

だから、人民新聞の山田さんがどういう心情を持っていようと構いません。

ただ、「こんなすばらしい尼崎日の丸は絶対似合わない。」という記述…
これは許せない。

似合う似合わないを決めるのは君じゃないし、それを新聞に書くなよと言いたい!似合わないって決めつけている時点で、それは一種の他者への「強制」ではないのか?って思う。まぁね心の中で何言うのもいいし、或いは影響力のないとこなら実際に言うのもいい。でもさぁ新聞(たとえマイナーな存在でも)の中でそんなこと言うなよと。それは公式の影響力を持つ発言となるし、そういうことをいうのこそが、一種の他者への「強制」ではないのかい?

山田さんは、尼崎市条例日の丸を強制するものだから、反対しているのか?それとも、日の丸自体が嫌いなのかどっちだ?前者ならまぁわかる。でも後者ならよくないと思う。なぜなら、日の丸掲揚を「強制」することに反対するという論調を掲げる人間が、日の丸を掲げるなと「強制」する(におわせているだけかも知れないけど…)は明らかに矛盾だからだ。卑怯な論法だとさえ思う。

こういうことを言う人がいるから、こういう人は支持されないんだと思う。多様性を主張するのはいい。でも、多様性を主張するだけにしてほしい。あれは嫌いだから、掲げるな、歌うなとは言ってほしくない。