読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河合つくし通信

取りまとめのないブログです…。一応細く長く続けていく予定。

『NieA_7』(ニア アンダーセブン)というアニメがあった

NieA_7』(ニア アンダーセブン)というあにめがあった。2000年発表だから…もう15年近く前のアニメ。


NieA_7 op「ここまでおいで」 - YouTube

動画リンクは Sionが歌うオープニング曲ね。

 

貧乏な少女のまゆ子と宇宙人移民のヒエラルギー最下位な宇宙人少女のニアが主人公だ。

乾いた風が転がっている
しけった人や街中を
ここまでおいでと 明るい諦めと
開き直る力を ちらつかせてる

悲しいのが好きなほど
人に囲まれてないから
ごきげんなやつが好き

 どうにもならないから
どうにかやれそうだぜ
ごきげんなやつが好き

Sionの曲がいいこと言っている。まさにそんな感じのアニメ。

ギャクテイストだけど、けして明るくはない感じ。

今は一応は楽しいけど、この楽しさとか仲間とか友だちとかの関係がいつまで続くかわからない雰囲気。そんな感じのアニメかなあ。

どんなに大変でも「開き直ろう」。そーいう意思を感じるアニメです。おススメ。

最近のアニメに文句付けるのは俺が歳をとったからかな…。最近のアニメは底抜けに明るかったり、暗かったりする極端な描写が多い感じがする。

未来ってけして明るくないと言うか…単純に「希望」ってのは違うぜ的な感じの作品だったと思う。別に絶望しろって言っているわけじゃない。

ただ、なんというか…幸せなんて、気の持ちようだとか、色々な事が変わっていくけど…「本当に変わらないモノ」って何かなとかそーいう感じを思い起こす作品だ。

作中に登場する懐かしい街並みと絵の花湯と言う銭湯。これだって時代の流れが進めば消えるかもしれない。でも、少なくともこの瞬間はそーいうものが存在し、みんながいたんだなみたいなことを感じさせるアニメですね。

こういうアジのあるアニメが俺は好きですねーとかとか。

このアニメの漫画版は最近、再発行されて手に入りやすいと思う。そちらもお勧め。

参考サイト。

日々の雑文