読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河合つくし通信

取りまとめのないブログです…。一応細く長く続けていく予定。

靖国肯定派の責任とは…?

終戦記念日(実質「敗戦記念日」)には老人ホームで労働をした。

特に変わり映えもない一日だったが、唯一変わったことといったら、認知症が進んだ利用者さんがカレンダーを眺めて(普段はそんなことしないのに)「今日は8月15日、終戦記念日だねえ…」とこ
っちが耳にタコが出来るくらいずーっと言っていたくらい…かな。

ホームでニュースを見てげんなりしたことがある。

それは、安倍政権の二人の閣僚(高市、丸川)が靖国を参拝したことだ。

ニュースの動画で、あの二人が参拝したのを見て、歓声を浴びせていた靖国の参拝者を見て俺は無性にイライラした。

「慰霊の日」と言いつつ、2閣僚は当てつけのために参拝して、当てつけのために2閣僚の参拝に歓声を浴びせていたのではないか。

中韓、左翼…そういうのに対する「当てつけ参拝」。俺は無性に腹が立つ。当てつけの「材料」としての「英霊」という現状が。

俺ははっきり言って「大東亜戦争が聖戦」だったなんて一ミリも思っていない。

俺は明治維新以降の日本の歴史は「喰えない国が喰うため」に戦争を繰り返したのだと思っている。

貧しかったから、他国の懐に手を伸ばした。
貧しかったから、遠い国々まで軍隊を派遣した。

それは絶対に正しいことではなかった。
正義でも聖戦でもなかった。

ただ、そうはいっても結果論としては、あの頃の日本の「遺産」があったから、今の日本の繁栄(といっても陰りがかなりみられるが)があったんだと思う。

俺はこの国で生まれて育った。
「遺産」で食っていたようなものだ。

そういう、自己認識があるから「日本兵は無駄死にした」みたいなことは言いたくないんだ。

恩に仇を返したような…そーゆー「自分は関係ない」みたいな態度がとりたくないだけだ。

「全ての日本人がその事実を認識して、原罪を負え」なんてことは言わない。

しかしな、靖国の存在を少しでも肯定する人間は、それ相応の態度ってのがあるんじゃないだろうか…とは思う。 

現状、肥え太った豚が遺産を食いつぶしているのが現実である。

自らの腐った虚栄心を満たすために「英霊」を利用して、当てつけをやったり、愛国アピールをしたり、慰霊の日にも拘らず、改憲論議だの、左翼批判だのをやってみたり…。

その手の人は、なんのための慰霊の日か、何のための靖国か…分かってないんじゃないか。

豚は狂騒の果てに滅びればいい。

「英霊の犠牲」(余りそういう言い方は好きじゃないけど…他に適当な言葉が見当たらなかった)がもたらした繁栄は俺が引き継ぐ。

そういう覚悟を持っていきたい。