読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河合つくし通信

取りまとめのないブログです…。一応細く長く続けていく予定。

うたかた花火

蓮舫の国籍」について世間で騒いでいるようだが、どうでもいい。そもそも右翼ならば西欧の真似ごとである近代国家システムそのものを破壊すべきだし、その延長戦である「国籍」で人を問うなんて言語道断。
 
ところで思うんだけど、そもそも俺は生きてるのかなって、ここに存在しているのかなって。
 
自分はもしかして超常的存在(神様、創造主?)が見ている「夢の登場人物」にすぎないのかもなって。神様の見ているうたかたの夢。
 
俺は超常的存在を「スメラギ」と呼びたい。
 
仮に自らがうたかたの夢の一部でしかないとしたら、苦しみも努力も楽しみも嬉しさも本音も建前も全てうたかたでしかないのかも。
 
そう考えたときに、俗世のくだらねえナショナリズムの発露なんざ心底どうでもいい。
 
それよりもお布団にくるまって自分は自分の夢をせめて少しでも見ていたい。そういう怠惰?神様への叛逆?あきらめの気持ち、ちょっとある。諦観?
 
わかんないけど。ちょっとある。
 
なんかさ、辛いような嬉しいような変な気分。神様ってのが本当にいるのだとしたら…の話だけど。
 
社会の建前、政治とかナショナリズムとかより、役に立つのか役に立たないのか妖しいほんわか曖昧雲をつかむような…ことを真剣に誰かと話したいよ。今。寂しい。