読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河合つくし通信

取りまとめのないブログです…。一応細く長く続けていく予定。

介護の「人材不足」とやらに対する雑感。

自分の約1年務めた職場が…と言うわけじゃなく…あくまで同業の知り合いに聞いた範囲でって話。

介護の世界は早くして(10代後半、20代くらい)に結婚して家庭を持った人か、30,40代になっても独身の人かのどっちかタイプが多いらしい。

家の近所で働けるから、実家暮らしも多いっぽい。

らしいってのは統計とかじゃなく、あくまで自分の聞いた範囲って事。

俺が思うに正社員ならば介護でも子どもを養えるかも。

しかし、俺と下の子が親にしてもらったように4大まで二人を通わすのは多分、厳しい。

少なくとも俺はこの職についている以上、30,40代になってもできそうにない気がする…。

今、政府は。。。

外国人労働者受け入れ 介護や建設、政府検討
2国間協定で枠」2016/9/27 2:00
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H6P_W6A920C1MM8000/

とゆーことで、介護や育児、建設と言った人不足な業種…要するにハロワで求人出しても埋まらない、日本人が行きたがらない仕事について、外国人にまぁ…いわば(言い方よくないが)「やらせよう」としている。

俺は外国人の人材の受け入れは賛成。そうしないと国が、今まで整備した福祉システムが崩壊するからな。ただ受け入れた以上、外国人だろうが日本人だろうが福利厚生をしっかりさせるべきだし、万一、人材不足が解消したとしても、雇用の調整弁(移民を帰国させる)に使うなんて愚は犯すべきでないと考える。

そこまで、都合良いことが許されるわけもないだろう。

なんだかな。こういう所を見ても足元がぐらつく。

自分もずっと介護で働くつもりあるか微妙だ。
給料メンは勿論、腰も痛くなる。今後ますます。

でもあと半年、1年、もしかしたら2年くらいは務めたいな。
その間にもう少し、色々と見聞きして経験してやる。

そのくらいやれば、資格の受験資格も見えてくるし。

 

その先はわからんってのが正直な話だ。