河合つくし通信

取りまとめのないブログです…。一応細く長く続けていく予定。

俺は暴力を肯定する。

俺は暴力を肯定する。
弱いものが強い者に対して行う暴力を肯定する。

「表立った争いのない平和」ってのはさ、ぱっと見は綺麗なモノだけれど、その実態は強いモノが弱いものを支配して、押さえつけているだけだと思う。

何度も言うけど、偽りの平和を否定する。その為ならば暴力ですら肯定する。

ただ、暴力は正義でもなければ、神聖なことでもないと思う。

仕方ない、必要だからせざる負えないって…ただそれだけの話で。

だからキメ顔で「(法の支配による)平和」「正義」だの「神聖」だの言う人にはぞっとする。

ともかく、俺は弱者として強者に暴力をふるう時に来ているのだろうかな。暴力ってのは一体何だろうか、理不尽さとはなんだろうか…そーゆーことを考えつつ眠る。自爆テロをしたいわけじゃないからね。

幸せになるための暴力って話をしているわけです。