読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河合つくし通信

取りまとめのないブログです…。一応細く長く続けていく予定。

僕の小規模な失敗…出会い系アプリと課金と…

なつかし アングラ 
僕の小規模な失敗」。下ネタからの…って話。
 
割とまぁ自分はだらしない男なので何かにびみょーにハマりやすい。
 
まぁ俺は酒もたばこもギャンブルもやらない人間ですがね、ただ具体的に言うと少しは出会い系アプリにハマっていた(笑)
 
さらにゆーと15は年上の女性に出会えちゃってまあみたいなそーゆー(笑)。けして全く出会えないわけじゃないのねw
 
ただアレは例外で基本は出会えないわけで、でも「いつかは出会えるんじゃないか」とゆー希望ってのが捨てきれず…それで課金。
 
課金って理性狂っちゃうから…「弁当1000円」が高いと思いつつ、出会い系アプリの課金の1000円は簡単に出せると。この金銭感覚、いけませんねえ(爆)
 
みたいなことがあり、まぁ「せいぜい2万ほど」だけど、これをまぁ8割はほぼどぶに捨てた後、正気に返って(多分)今に至る。
 
何が言いたいかとゆーと、課金とゆーか、なんとゆーか…あの手の事に金使わないほーがいいよってことだ。
 
どうせ使うならば目に見える範囲で使うべきだし…とかゆってみる。
 
思うのだけど、目に見える範囲、手の届くこと、が全てじゃないかなって思う。
 
あともうひとつは「こそこそ」はしないという決めごと。
 
そーゆーことを考えたとき、人前に出ようと思った。
 
人前に出ている間は、まぁ少なくとも「かもしれない」じゃなくて、「俺が今やるんだ」って実感がある。
 
そう思ったから、こうオカリナを練習しようと思ったり(笑)
路上で飲み会、語り場、鍋wやってみたりしたわけです。
 
外に出ている限りは、人の目に意図的に晒されるからな。その結果、結果的に自分を最低限、律せられる。受動的なのか能動的なのかわからんこの変な処世術…。
 
まぁ諸々始めた要因ってこんなところにw
 
結局、イデオロギーも性欲も課金もまぁ基本的になんつーか、身の程を越えちゃうとロクなことがないわけで…じゃあどうすればいいかって言うと「一人でも出来ることを、人前でやる」「そして一人でも何かをまねて始めてみる」に限るんじゃないかと。
 
福満しげゆきの漫画の題名を借りるならば「僕の小規模な失敗」から思ったことなのです。